日経225 1時間足チャート

ブログの閲覧PWをVALUの優待特典にしました

【メモ】そーせい決算、繰延税金資産及び今期見通しについて #そーせい


現在監禁されておりまして、まとめないとホテルに帰さないといわれましたので泣きながらまとめました。

トテモイイコトカイテアリマスノデ、ゼヒゴサンショウクダサイ。













































































現在に至る

【メモ】ヘプタレス社 StaR®技術について、専門家たちの会話まとめ。 #そーせい


昨日のツイッタータイムライン上で、

創薬の専門家達による、そーせい(ヘプタレス)のStaR®技術についての

ステキな会話が繰り広げられてましたので、まとめてみました。




































Peter Newhouse さん(@peternewhouse)
安息中 さん(@asti1300)
とき さん(@toki1999)
すーらびあ さん(@Suuravia)
全力三階建て さん(@heptares5460)

有益な情報ありがとうございます。
勝手に転載させていただきました!

【メモ】【そーせい】そーせいMシリーズの、統合失調症への使用についての考察 byぷに丸さん


前回 に続きまして、

精神臨床の従事者である、ぷに丸さん ‎(@punimarupunio)が、

そーせいMシリーズの、統合失調症への使用についての考察を掲載してくれました。

まるごと転載させていただきます。







































ぷに丸さん、前回に続き大変勉強になります。
ありがとうございます!




<前回の記事>
精神臨床従事者からみるMシリーズの存在意義



【メモ】【そーせい】既存の抗認知症薬について byばすきんぐさん


前回に引き続き、ばすきんぐ (株) ご縁が大事さん(‎@basking3553)が、

【既存の抗生認知症薬について】のメモ書きをしてくれていますので、再度無断転載です。

ページ下部で、文章をつなぎ合わせています。



※あくまで個人的な学習メモですので、詳しい事は各自で確認お願いします。






























=========================================


【学習メモ】既存の抗認知症薬について


現在、上市されている抗認知症薬は4種類である。(コリンエステラーゼ阻害薬3つ、NMDA受容体拮抗薬1つ)

(1)アリセプトR(一般名ドネペジル/エーザイ)
(2)レミニールR(一般名ガランタミン/ヤンセンファーマ)
(3)リバスタッチパッチR=イクセロンパッチR(一般名リバスチグミン/ノバルティス・小野薬品)。
(4)メマリーR(一般名メマンチン/第一三共) ← NMDA受容体拮抗薬

上記コリンエステラーゼ阻害薬は認知症の中でも頻度の高いアルツハイマー型認知症や
レビー小体型認知症、メマリーは中等度~重度のアルツハイマー型認知症に対して使用される。

コリンエステラーゼ阻害薬、NMDA受容体拮抗薬ともに、認知症の進行速度を抑制する対症療法薬である。
つまりこれらを飲んでいても認知症が治る訳ではなく、結局は徐々に進行する。
コリンエステラーゼ阻害薬3つ、NMDA受容体拮抗薬の内、どれが特に優れているというわけではなく、
効果は大体同等と考えてよい。


どの薬剤にするかは下記条件を勘案して選択する。

用法:アリセプトは1日1回内服、レミニールは1日2回内服、リバスタッチパッチは1日1回身体に貼付
剤型:アリセプトは錠剤、細粒、液剤、ゼリーあり、レミニールは錠剤、液剤あり、リバスタッチパッチ(イクセロンパッチ)は貼付剤のみ
薬価:アリセプトのみ安い後発品あり
副作用:コリンエステラーゼ阻害薬の最も多い副作用は消化器症状で10%前後の患者に見られ、これで内服断念する患者も多い。
リバスタッチパッチの貼付部位のかゆみ、メマリーのめまいや頭痛等。
コリンエステラーゼ阻害薬の副作用は用量依存性であり、副作用がのために通常量が内服できない患者も存在する。

既存の抗認知症薬は効果や副作用の観点から十分とは言いがたく、既存薬を上回る新規抗認知症薬の上市が待たれている。
ちなみに安倍政権と厚生労働省は、増加する認知症患者への対応を「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」という
国家施策として強く推進している。https://t.co/TWL2OrNTYG

=========================================



ばすきんぐさん、大変勉強になりました。
ありがとうございます。






前回のはこちら

【メモ】【そーせい】 Heptares社の抗認知症薬、既存のコリンエステラーゼ阻害剤について(1) byばすきんぐさん


ツイッター上で、ばすきんぐ (株) ご縁が大事さん(‎@basking3553)が、

【Heptares社の抗認知症薬、既存のコリンエステラーゼ阻害剤について(1)】

と題して、Heptares社の認知症薬と、M1~M5の受容体についてメモ書きしてくれていました。

すごく難しいことが、すごく簡潔にまとめられていましたので、勝手に転載させていただきます。

ページ下部には文章をつなぎ合わせたものを転載しました。サクッと読みたい場合はページ下部へ。


※あくまで個人的な学習メモですので、詳しい事は各自で確認お願いします。








ChqDAEGU4AAMU45.jpg
ダークナヴェルさん(@Cocolo_pro )作成の図参照

































=========================================

【学習メモ】Heptares社の抗認知症薬、既存のコリンエステラーゼ阻害剤について(1)


代表的な認知症であるアルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症は、脳神経細胞の減少に加え、
認知機能と深く関係する脳内のアセチルコリンが減少しているために認知機能障害が起こっている。

そこで、脳内のアセチルコリンができるだけ減少しないように働くのが、アリセプトに代表されるコリン
エステラーゼ阻害剤(アセチルコリン分解抑制薬)である。

認知機能と関係するアセチルコリンはムスカリン受容体とニコチン受容体の2つの受容体に作用する。
認知症にはムスカリン受容体が重要でこれはM1~M5の5つのサブタイプに別れる。


M1受容体:大脳皮質や海馬に多く存在し、記憶や学習に関与している→主目的である認知機能改善。
副交感神経刺激作用で副作用として消化器症状起こす可能性あり。

M2受容体:主に心臓に分布し心臓機能を抑制的に調節、副作用として不整脈を起こす可能性あり。

M3受容体:平滑筋運動を亢進、副作用として消化器症状、喘息悪化など起こす可能性あり。

M4受容体:脳(前脳、線条体など)に存在し、ドーパミン遮断作用から統合失調症治療薬として期待される。
副作用としてのパーキンソン症状の可能性あり。

M5受容体:脳内にも存在するがその作用は、現段階でははっきりしていない。


上記より、M1とM4に選択的に作用するアラガンのMシリーズは、従来薬に比べて受容体選
択性の高さから効果と副作用の改善が期待できるというわけです。

以上です。
連当、長文でのお目汚し失礼しました。

=========================================



ばすきんぐさんに感謝申し上げます!



第二弾はこちら

【メモ】(そーせい) 精神臨床従事者からみるMシリーズの存在意義

勝手に引用メモシリーズです。

ツイッター上で、精神臨床の従事者である、ぷに丸さん ‎(@punimarupunio)が、
そーせいMシリーズが販売された場合、精神医療の現場でどのような意義があるのかを
分かりやすく解説してくれていました。
まとめて引用してみました。









































以上。ぷに丸さんに感謝です。



【追記】






<ぷに丸さんの次の記事>
そーせいMシリーズの、統合失調症への使用についての考察



日曜昼下がりの相場指南 #全力三階建て



かの全力三階建てさんですが、
日曜日の昼下がりに、相場に対する考え方を説いてくれました。

後半なにやらカオスなことになっていますが、
相場に対するひとつの考え方として、大変参考になるのでまとめてみました。
















































【続き】 【7932】ニッピが割安である根拠 答え合わせ #ニッピ

【7932】ニッピ
Yahoo!ファイナンス
会社ホームページ


昨日の解説に続き、ニッピが割安である根拠の続きと答え合わせを、

全力三階建てさんがツイッターで解説してくれましたので、まとめてみました。


※前回の記事はこちら























































【7932】ニッピが割安である根拠 まとめ #ニッピ

【7932】ニッピ
Yahoo!ファイナンス
会社ホームページ



二日連続ストップ高のニッピ。

『三桁は誤差の範囲』と豪語する全力三階建てさんが、

現在のニッピの株価が、いかに割安であるかを解説してくれましたのでまとめてみました。



























































※続きはこちら


【そーせい】アラガン提携IRの意味と、今後の展望

4月7日付けで、そーせいグループ(子会社ヘプタレス社)と、アイルランドの製薬会社「アラガン」が、
新薬の開発・販売にかかる提携契約を締結したことを公表し、楽天証券がそのレポートを出しました。


特集:薬品・バイオ株フォローアップ(そーせいグループ、小野薬品工業)


しかし、
「楽天レポートの欺瞞を暴く!」
とばかりに、全力三階建てさんがレポートに対する疑問点を解説してくれたので、
そのまんままとめて転記してみました。

以下引用です。非常にわかりやすいです。














































メモ 「アルゴ以前→アルゴ以後→現在」の解説引用

わかりやすいので引用メモ。














































































プロフィール
名前:やまだ
Twitter
VALU


最新記事
カテゴリ
  • 日別収支 [株] (487)
  • 週間収支 [株] (97)
  • 月間収支 [株] (23)
  • 年間収支 (2)
  • メモ (11)
  • その他 (5)
  • 未分類 (0)
  • 月別アーカイブ
    年間収支
    【2011】   -750,000 FX/3ヶ月間
    【2012】   -300,000 FX/3日間
    【2013】   -650,000 FX/3日間
    【2014】    取引なし
    【2015】   +250,000 株/6月から
    【2016】 -2,610,000
    【2017】 
    月間収支
    【2015】
      6月   -100,000 ※株で再開
      7月   -600,000
      8月   -400,000
      9月   +350,000
     10月   +790,000
     11月 +2,130,000
     12月 -1,950,000

    【2016】 
      1月   +890,000
      2月   +120,000
      3月 -1,170,000
      4月 +3,370,000
      5月 -1,260,000
      6月 -1,240,000
      7月 -1,320,000
      8月    +50,000
      9月   +710,000
     10月   -250,000
     11月 -1,430,000
     12月 -1,080,000

    【2017】 
      1月 +2,200,000
      2月 +1,810,000
      3月 -1,310,000
      4月   -430,000
      5月   -370,000
      6月   -310,000
      7月   +640,000
      8月   +710,000
      9月 
     10月 
     11月 
     12月 
    週間収支
    【2015】
    06月05日  0万 裁量でスタート
    06月12日 -2万
    06月19日 -2万
    06月26日 -9万
    07月03日 +2万
    07月10日 -9万
    07月17日 -4万 シストレ開始(手法A)
    07月24日 -12万
    07月31日 -34万
    08月07日 -25万
    08月14日 -7万 手法B追加
    08月21日 -5万
    08月28日 -15万
    09月04日 +46万 手法C追加
    09月11日 +6万
    09月18日 -4万
    09月25日 +30万 手法D追加
    10月02日 +11万 ブログ再開
    10月09日 -15万
    10月16日 +17万
    10月23日 +29万
    10月30日 +6万
    11月06日 +56万
    11月13日 +194万 ブランジスタ
    11月20日  0万
    11月27日 -28万
    12月04日 -100万
    12月11日 -75万
    12月18日 -26万
    12月25日 +50万
    01月01日 -50万

    【2016】
    01月08日 +6万
    01月15日 +30万
    01月22日 +9万
    01月29日 +44万
    02月05日 +22万
    02月12日 -3万
    02月19日 +42万
    02月26日 +17万
    03月04日 -182万
    03月11日 +29万 手法C中止、F,G追加
    03月18日 -65万
    03月25日 +20万
    04月01日 +29万
    04月08日 +176万 そーせいアラガン/シストレ休止
    04月15日 -19万
    04月22日 +398万 そーせい天国
    04月29日 -232万
    05月06日 +122万
    05月13日 +78万
    05月20日 -394万 そーせい地獄
    05月27日 +59万
    06月03日 -1万
    06月10日 +5万
    06月17日 -309万 そーせい地獄
    06月24日 -15万
    07月01日 +189万
    07月08日 -65万
    07月15日 -33万
    07月22日 -19万
    07月29日 +1万
    08月05日 +3万
    08月12日 +47万
    08月19日 -22万
    08月26日 -30万
    09月02日 -13万
    09月09日 +137万
    09月16日 -143万 エディア天国と地獄
    09月23日 -33万
    09月30日 +130万 エディア再天国&手法Lでシストレ再開
    10月07日 -11万
    10月14日 +78万
    10月21日 +60万
    10月28日 -84万
    11月04日 -115万
    11月11日 +51万
    11月18日 -15万
    11月25日 +2万
    12月02日 -124万
    12月09日 -45万
    12月16日 +23万
    12月23日 -3万
    12月30日 -93万 アイフリーク/イントレ

    【2017】
    01月06日 +57万 資金管理ルール修正
    01月13日 +3万
    01月20日 +79万
    01月27日 +63万
    02月03日 +114万
    02月10日 +27万 
    02月17日 +84万 新記録、週次7連勝
    02月24日 -30万 
    03月03日 +26万 
    03月10日 +146万 初めて週内全勝
    03月17日 +62万 日次10連勝
    03月24日 -19万 最終日に92万負け
    03月31日 -342万 突然週次ワースト2
    04月07日 +47万 
    04月14日 -8万 
    04月21日 -36万 
    04月28日 -46万 週3連敗で株通算マイテン
    05月05日 -10万 
    05月12日 +20万 
    05月19日 -24万 
    05月26日 -2万 
    06月02日 +12万 
    06月09日 -99万 
    06月16日 -23万 
    06月23日 +27万 
    06月30日 +31万 
    07月07日 +102万 
    07月14日 -63万 
    07月21日 +23万 
    07月28日 -17万 
    08月04日 +67万 
    08月11日 -8万 
    08月18日 +2万 
    08月25日 +50万 
    09月01日 +88万 
    09月08日 +45万 
    09月15日 +4万 
    Twitter
    検索フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    value=